スポンサーリンク

ハワイに恋して!「#55 サーシャのハワイリポート!定番ローカルグルメ&まこと’s キッチンでハワイグルメに挑戦!」で紹介されたお店と情報をチェック

こんにちは、コージです。

先日、BS12で「ハワイに恋して!」の第55回目「#55 サーシャのハワイリポート!定番ローカルグルメ&まこと’s キッチンでハワイグルメに挑戦!」の放送がありました。

ロックダウン明けのハワイのサーシャさんと日本のまことちゃんをリモートでつなぎ、次にハワイに行ったら絶対に食べたいローカルグルメのご紹介でした。

今回は、ハワイの助っ人として美食家でフードライターの「ショーン・モリス」さんも参加されてます。

現在のハワイの飲食店では新たなルールができているそうです。

①座席数は今までの半分

②メニューはお店に表示されているQRコードなどを自分のスマホで読み取り見る(メニューを手で触らない)

③支払いはカードやapple payなど(現金を触らない)

④マスクは食べる直前まで外さない

ということで今回は、ハワイに恋して!「#55 サーシャのハワイリポート!定番ローカルグルメ&まこと’s キッチンでハワイグルメに挑戦!」で紹介されたお店と情報をチェックをお送りします。

ハワイに恋して!「#55 サーシャのハワイリポート!定番ローカルグルメ&まこと’s キッチンでハワイグルメに挑戦!」で紹介されたお店と情報をチェック

スポンサーリンク

Hau Tree Lanai(ハウ・ツリー・ラナイ)

ハワイのサーシャさんがショーン・モリスさんと待ち合わせたのは「Hau Tree Lanai(ハウ・ツリー・ラナイ)」です。

Hau Tree Lanai(ハウ・ツリー・ラナイ)とは

Hau Tree Lanai(ハウ・ツリー・ラナイ)は、ダイヤモンドヘッド近くのKaimana Beach Hotel(カイマナ・ビーチ・ホテル)1Fにあるビーチフロントレストランです。

※2020年12月1日より「ニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテル」は「カイマナ・ビーチ・ホテル」となります。

1964年から営業している超老舗のレストランです。

店名の由来にもなっている樹齢200年を超えるハウ・ツリー

ブランチ(金・土・日は朝食)からディナーまで、レストラン目の前のサン・スーシー・ビーチ(カイマナ・ビーチ)を眺めながら楽しめます。

番組では、朝食メニューの「クラッシック・エッグベネディクト($24.00)」をご紹介。

Hau Tree Lanai - Kaimana

Hau Tree Lanai(ハウ・ツリー・ラナイ)詳細

店名ハウ・ツリー・ラナイ
英語表記Hau Tree Lanai
住所2863 Kalakaua Ave. Honolulu HI 96815
カイマナ・ビーチ・ホテル1F
TEL(808) 921-7066
営業時間朝食 8:00-10:00(金・土・日のみ)
ブランチ 10:00-13:30
ディナー 17:30-20:30
休業日無休(要確認)

まことシェフの南国レシピ「エッグベネディクト」

まことシェフの南国レシピ「エッグベネディクト」
引用 ハワイに恋して!「#55 サーシャのハワイリポート!定番ローカルグルメ&まこと’s キッチンでハワイグルメに挑戦!」からキャプチャー

お家に居ながらにしてハワイの味を堪能できるレシピをまことちゃんがご紹介されました。

今回は「ハムとかにかまのエッグベネディクト」です。

本来ならロブスターを使うところですが、今回は安くて美味しい「かにかま」を使用します。

材料(2個分)
・イングリッシュマフィン 1セット 
・卵 2個
・ハム 1枚(厚さ5mm程度)
・カニカマ 適量

●オランデーズソース
・マヨネーズ 大さじ2
・卵黄 2個
・溶かしバター(無塩) 30g
・レモン汁 5~10滴(※市販のレモン汁の場合はやや多めに)
・塩 少々

●付け合わせ&トッピング
・コショウ 少々
・ほうれん草、プチトマト、オレンジなどをお好みで

作り方
①オランデーズソースを作る。
・卵黄2個にマヨネーズ、塩、溶かしバターを少しずつ入れてよく混ぜる。
・最後にレモン汁を入れて再度よく混ぜる。

②ほうれん草・イングリッシュマフィン・ハムを焼く。
・フライパンに全て入れて弱火~中火で焼く。
・イングリッシュマフィン、ハムは軽く焼き目がつく程度でOK。
 
③ポーチドエッグを2個作る
・コーヒーカップ1個に卵1個を入れ、卵がつかる程度の水を注ぐ。
・500Wの電子レンジで1分ほど加熱。
・キッチンペーパーの上に取り出し、水気を切る。

④盛り付け
・イングリッシュマフィンの上にハム、かにかまをそれぞれのせる。
・ポーチドエッグを盛り付け、オランデーズソースをかけて、コショウを軽く振りかける。
・お好みの付け合わせを盛り付けて完成。

Palace Saimin(パレス・サイミン)

View this post on Instagram

🍜 Saidon Palace 🍜 There are many types of restaurants in Hawaii. We have those that target tourists, abound with tropical drinks and staff in Aloha shirts. We have chains and fast food in every neighborhood homogenizing food culture and marketing unhealthy but convenient foods. We also have the “local” restaurants that represent their unique culture, still cater to local families in the neighborhoods they do business in, and make it how Grandma makes it. Fat Hawaii is a super fan of these type of restaurants: the mom and pops, the ones that been doing it forever the same way, the foundations of their communities. Every neighborhood has one, and it is up to all of us to support them and keep them going. Palace Saimin is one of these restaurants. Opened in 1946 (74 years) in the same Kalihi location. They have 2 primary goals. • Perpetuate the original recipe • provide a familiar and relaxing environment to enjoy their food When you walk in, you can tell this place has not changed in forever. There are 4 booths and a couple of two tops. There are literally 2 things on the menu. Noodles in soup and bbq beef stick. That’s it. You can choose your type of noodle, but it all sits in the same broth, with the same garnish. Straight-forward and soooo satisfyingly delicious. One sip of the bonito dashi, I flashed back to my grandparents first taking me here when I was a kid for The Combination, which is the Saidon (Saimin and Udon noodles) plus wontons. The beef stick on the side is a necessity. When talking to my family in the past days about Palace Saimin, they all thought it was closed. They mentioned a recent robbery, so I did some digging. In Feb 2020, 3 individuals did rob the restaurant of hundreds of dollars. Shame on them! They have not been apprehended yet. It was a tough decision to keep open, but they did and continue to serve the community a bowl of history, one slurp at a time. Bravo to Palace Saimin for persevering. Let’s be sure to keep on supporting them, so the recipe and history stays alive and well! 🤙🏾 1️⃣ Nostalgic in Neon 2️⃣ Combination (Saimin +udon +wonton) 3️⃣ 7 options of noodle, same broth 4️⃣ Sunset dessert 5️⃣ 3 robbers

A post shared by Fat Hawaii (@fat_hawaii) on

ハワイの戻り、続いてのご紹介は「Palace Saimin(パレス・サイミン)」です。

Palace Saimin(パレス・サイミン)とは

Palace Saimin(パレス・サイミン)は、カリヒ地区にあるサイミンレストランです。

サイミンとは、ハワイ発祥の汁そばで、20世紀初めごろから食べられているロコ達のソウルフードです。

サイミンのほか、ワンタンの入ったワンタンミンやうどんなどもあります。

番組では、メインメニューの「サイミン($6.00/L)」と「BBQスティック($2.50)」をご紹介。

Palace Saimin(パレス・サイミン)詳細

店名パレス・サイミン
英語表記Palace Saimin
住所1256 N King St, Honolulu, HI 96817
TEL(808) 841-9983
営業時間10:00-20:00
休業日日・月曜(要確認)

Zippy’s Nimitz(ジッピーズ ニミッツ店)

View this post on Instagram

Got my fix!

A post shared by lordvanpelt (@leftyavp) on

続いてのご紹介は「Zippy’s Nimitz(ジッピーズ ニミッツ店)」です。

Zippy’s Nimitz(ジッピーズ ニミッツ店)とは

Zippy’s Nimitz(ジッピーズ ニミッツ店)は、ニミッツ地区にあるファミリーレストランです。

Zippy’s(ジッピーズ)は、50年以上の歴史のあるハワイ発祥のファミリーレストランチェーン店です。

ロコにも観光客にもお馴染みのお店で、ボリュームたっぷりのローカルフード楽しめます。

ニミッツ店は、空港とワイキキを結ぶニミッツ・ハイウェイ沿いにあり、店内での食事はもちろん、テイクアウト、ベーカーリーもあります。

View this post on Instagram

Got off the plane, so next stop…

A post shared by Chris Wong-Swenson (@nexuspong) on

番組では、

サイミンにいろんな具材が入った鍋焼き風の「ジップミン($12.15)

ジップパック($13.55)

View this post on Instagram

Zippy’s | Honolulu, HI

A post shared by Eat With Your IIIIs (@iiiis_yummies) on

コリアンフライドチキン($13.55)

https://www.zippys.com/locations/zippys-nimitz/

Zippy’s Nimitz(ジッピーズ ニミッツ店)詳細

店名ジッピーズ ニミッツ店
英語表記Zippy’s Nimitz
住所666 North Nimitz Hwy. Honolulu, HI 96813
TEL(808) 532-4205
営業時間6:00-22:00
休業日無休(要確認)

最新マウイ島情報

最後は「最新マウイ島情報」です。

マウイ島では、オアフ以上にお店も閉まっているようで、唯一の良いところは海がきれいになっていることだそうです。

今回現地からリポートしてくださったヤマピーさんの「マウイオールスターズ」では、バーチャル・ツアーもされてるそうです。

マウイの星空・マウイオールスターズ
ハワイ・マウイ島ハレアカラ火山のサンセット・天体観測ツアーの主催催行。

まとめ

以上、ハワイに恋して!「#55 サーシャのハワイリポート!定番ローカルグルメ&まこと’s キッチンでハワイグルメに挑戦!」で紹介されたお店と情報をチェックをお送りしました。

久しぶりに丸々1時間、撮りおろしのハワ恋でした。

今回の番組を見て「次にハワイに行ったら空港から直でジッピーズに行ってガッツリ食ってやる!」と心に決めました!!

次回は、10月25日(日)18:00~「#56 ハワイに行った気になれる!ハワイ・カパフル散歩」だそうです。

お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました