スポンサーリンク

ロイヤル・ハワイアン・センターに「WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)」が2020年3月オープン予定!

こんにちは、コージです。

何となく、ハワイのローカル新聞「日刊サンWEB」を見ていると「NEW OPEN『ワイキキ・フードホール』全8店舗、各店で募集!」という求人が出ていました。

日刊サンWEB|ニュース・求人・不動産・美容・健康・教育まで、ハワイで役立つ最新情報がいつでも読めます – ハワイに住む人の情報源といえば日刊サン。ハワイで暮らす方に役立つ情報が満載の情報サイト。ニュース、求人・仕事探し、住まい、子どもの教育、毎日の行事・イベント、美容・健康、車、終活のことまで幅広く網羅しています。

ロイヤル・ハワイアン・センターに新しいフードホールができるようで、そこに入るお店の求人でした。

ということで今回は、ロイヤル・ハワイアン・センターに「WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)」が2020年3月オープン予定!をお送りします。

スポンサーリンク

WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)とは

ロイヤル・ハワイアン・センターに「WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)」が2020年3月オープン予定!
引用 ワイキキ・フードホール website

WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)は、ロイヤル・ハワイアン・センター内(C館3F)に2020年3月上旬にオープン予定のフードホールです。

The CATCH of Hawaii / ハワイの美味しいもの全部」をコンセプトとし、約556.7m²のスペースではハワイのローカル食材を使用したハワイを代表する美味しい料理やスイーツ、ドリンクなどを個性的な8店舗のショップが提供されるそうです。

ちなみに「フードホール」とは、ファストフード的なフードコートよりも進化したものだそうです。

waikiki food hall
WAIKIKI FOOD HALL Co. is now open inside the renowned landmark of Waikiki, the Royal Hawaiian Center! There you can enjoy the “CATCH of Hawaii” – all the delici...

WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)の場所は?

WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)の場所は?
引用 ロイヤル・ハワイアン・センター website

WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)の場所は、「ロイヤル・ハワイアン・センター」のC館3Fで、2018年6月に閉店した「北京(ベイジン)」があった場所のようです。

WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)に入るお店は?

それでは、WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)に入るお店を見てみます。

MILK(ミルク)

MILK(ミルク)は、北海道根釧地区産の生クリームを使用した、日本初の「生クリームが主役」のスイーツ店です。

日本では東京・大阪・名古屋にお店があります。

メニューは濃厚ソフトクリームのほか、ハワイならではのフルーツをトッピングしたサンデーなど・・・

Surfer’s Cafe(サーファーズ・カフェ)

Surfer’s Cafe(サーファーズ・カフェ)は、ハワイ産のコーヒーや紅茶などが楽しめるカフェです。

オアフ島産ワイアルアコーヒーやハワイ島産カウコーヒーなど、ハワイ産のコーヒーのみを扱うホノルル・ダウンタウンの人気店「Downtown Coffee(ダウンタウン・コーヒー)」の豆を使用されるそうです。

JTRRD(ジェイティード)

JTRRD(ジェイティード)は、大阪発祥のアートスムージーのお店です。

カラフルなフルーツとスーパーフードのバジルシードを使用した看板メニュー「アートスムージー」や、フルーツをふんだんに盛り付けした「ボンボンスムージー」などがいただけます。

TAPBAR(タップバー)

TAPBAR(タップバー)は、ハワイのいろんな地ビールを楽しめるカジュアルなバーです。

ハワイ島のはちみつ、レモン、ライムなどを使用した「Honolulu Beerworks(ホノルル・ビアワークス)」、モルトの味を生かした本格派のラガービールなどの「Aloha Beer Co.(アロハ・ビア・カンパニー)」、ローカル産のフルーツや素材にこだわった「Lanikai Brewing Company(ラニカイ・ブルーイング・カンパニー)」など・・・

4種類のビールが試せるテイスターのセットやハワイカクテルもあるそうです。

Honolulu Burgar Co.(ホノルル・バーガー・カンパニー)

Honolulu Burgar Co.(ホノルル・バーガー・カンパニー)は、地元食材にこだわったハンバーガー店です。

ハンバーガーに使用するパテは、ホルモン剤や抗生物質を一切使用せず、広大な土地で自由に飼育された100%グラスフェッド牛を使用し、定番メニューのほかにバンズの種類やトッピングを選んで自分好みのバーガーもオーダーできます。

アラモアナセンターから徒歩約20分ほどのサウス・ベレタニア・ストリート沿いのお店のほか、KCCファーマーズマーケット、カイルアタウンマーケットなどにも出店しています。

Meataly Boys(ミータリー・ボーイズ)

Meataly Boys(ミータリー・ボーイズ)は、地元食材にこだわったステーキグリルのお店です。

アラモアナ・センターのシロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォークにある「焼肉肉太郎」の系列店だそうです。

こだわりのリブロースステーキをメインに、フリフリチキンなどのガッツリ系のメニューがいただけます。

pork tamago onigiri(ポーたま)

pork tamago onigiri(ポーたま)は、沖縄発祥のポークたまごおにぎりの専門店です。

「ポークたまごおにぎり」はスパムとたまごを挟んだおにぎりサンドで、やきとりやスキヤキなどの日本のメニューをサンドしたものから、ロコモコやガーリックシュリンプをサンドしたハワイ店舗限定メニューまで約20種類が揃います。

Five Star Shrimp(ファイブ・スター・シュリンプ)

Five Star Shrimp(ファイブ・スター・シュリンプ)は、沖縄発祥のガーリックシュリンプのお店です。

以前はワイキキビーチウォークの近くに出店していたフードトラックの人気店です。

シュリンプメニューは、ガーリックシュリンプ、スパイシーシュリンプ、レモンバターシュリンプの3種類で、ごはんとサラダのついたプレートやシュリンプのみのメニューもあります。

まとめ

以上、ロイヤル・ハワイアン・センターに「WAIKIKI FOOD HALL Co.(ワイキキ・フードホール)」が2020年3月オープン予定!をお送りしました。

またまたワイキキのど真ん中に新しいフードホールがオープンするようです。

2020年3月上旬オープン予定ですが、ハワイなので予定通りにオープンできるかどうか・・・

営業時間などは公式サイトにもまだ表記されていませんが、ロイヤル・ハワイアン・センターに準ずるのではないかと思います。

お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました