「松下奈緒の行こうよ!ハワイ〜天国の館で極上フード&アートを極める〜」で紹介されていたお店・アクティビティをチェック⑤

こんにちは、コージです。

前回、「松下奈緒の行こうよ!ハワイ〜天国の館で極上フード&アートを極める〜」で紹介されていたお店・アクティビティをチェック④をお送りしました。

松下奈緒さんが、ノースショアハレイワを巡りました。

こんにちは、コージです。 前回、「松下奈緒の行こうよ!ハワイ〜天国の館で極上フード&アートを極める〜」で紹介されていたお店・アクティビ...

今回で最終回、「松下奈緒の行こうよ!ハワイ〜天国の館で極上フード&アートを極める〜」で紹介されていたお店・アクティビティをチェック⑤をお送りします。

「松下奈緒の行こうよ!ハワイ〜天国の館で極上フード&アートを極める〜」で紹介されていたお店・アクティビティをチェック

Honolulu Museum of Art(ホノルル美術館)

Honolulu Museum of Art(ホノルル美術館)
引用 hawaiimagazine.com

ハレイワからワイキキに戻り、訪れたのは「Honolulu Museum of Art(ホノルル美術館)」です。

Honolulu Museum of Art(ホノルル美術館)とは

Honolulu Museum of Art(ホノルル美術館)は、西洋の印象派から日本の浮世絵まで幅広く鑑賞できる美術館です。

ピカソ、ゴッホ、モネ、セザンヌ、ゴーギャンなどの絵画や彫刻、ポリネシアやアフリカの装飾品の数々、中国や韓国の陶磁器、東南アジアの仏像や彫刻、日本の葛飾北斎の浮世絵など、西洋および東洋の美術品が5万点以上収蔵されているそうです。

Honolulu Museum of Art(ホノルル美術館)詳細

店名 ホノルル美術館
英語表記 Honolulu Museum of Art
住所 900 S Beretania St, Honolulu, HI 96814-1495
TEL (808) 532-8700
営業時間 火-土 10:00-16:30 / 日 13:00-17:00
休業日 毎週月曜日、元旦、アメリカ独立記念日、感謝祭、クリスマス(要確認)
入館料 大人10ドル、17歳以下無料
※毎月第1水曜、第3日曜(11:00-16:00)は入館無料

The Honolulu Museum of Art Spalding House(ホノルル美術館スポルディングハウス)

The Honolulu Museum of Art Spalding House(ホノルル美術館スポルディングハウス)
引用 ハワイタートルベイBlogさま

次に訪れたのは「The Honolulu Museum of Art Spalding House(ホノルル美術館スポルディングハウス)」です。

The Honolulu Museum of Art Spalding House(ホノルル美術館スポルディングハウス)とは

The Honolulu Museum of Art Spalding House(ホノルル美術館スポルディングハウス)は、旧ザ・コンテンポラリー・ミュージアムで、2012年の合併によりホノルル美術館の別館となっています。元々、個人の邸宅だった場所を使用しているそうです。

松下奈緒さんは、現存する最高の画家デイビット・ホックニーの作品を体感されました。

デイビット・ホックニー
引用 Honolulu Museum of Art

5つのギャラリースペースには、ビデオや彫刻、絵画といった色々な媒体を用いた様々なアート作品が、屋内・屋外に展示されています。はるか彼方に見えるダイヤモンド・ヘッドを借景に取り込んだ庭園は、日系人の造園家が70年ほど前に手がけたものだそうです。

The Honolulu Museum of Art Spalding House(ホノルル美術館スポルディングハウス)詳細

店名 ホノルル美術館スポルディングハウス
英語表記 The Honolulu Museum of Art Spalding House
住所 2411 Makiki Heights Drive Honolulu, HI 96822
TEL (808) 526-1322
営業時間 火-土 10:00-16:30 / 日 12:00-16:00
休業日 毎週月曜日、元旦、アメリカ独立記念日、感謝祭、クリスマス(要確認)
入館料 大人10ドル、17歳以下無料
※ホノルル美術館と同日なら入館無料

Kapiolani Park(カピオラニ公園)

Kapiolani Park(カピオラニ公園)

次に訪れたのは、ワイキキの東の端「Kapiolani Park(カピオラニ公園)」です。

Kapiolani Park(カピオラニ公園)とは

ダイヤモンドヘッドの裾野に広がるKapiolani Park(Queen Kapiʻolani Regional Park)(カピオラニ公園)は、ハワイ最大かつ最古の公園で、園内にはホノルル動物園ワイキキ・シェル(野外音楽堂)、海側にはワイキキ水族館があります。敷地面積は約300エーカーとういことなので、東京ドーム約26個分の広さだそうです。

テニスやバスケットボールコート、サッカー、野球、ラクロスとラグビーフィールド、公園を周回するジョギングコース(約3キロ)などもあり、ホノルルマラソンのゴールとしても有名です。

Kapiolani Park(カピオラニ公園)詳細

住所 3840 Paki Ave, Honolulu, HI 96815
TEL (808) 768-4626
開園時間 5:00-24:00

Ukulele Festival Hawaii(ウクレレフェスティバル)

Ukulele Festival Hawaii(ウクレレフェスティバル)
引用 Ukulele Festival Hawaii facebook

Kapiolani Park(カピオラニ公園)では「Ukulele Festival Hawaii(ウクレレフェスティバル)」が開催されていました。

Ukulele Festival Hawaii(ウクレレフェスティバル)とは

Ukulele Festival Hawaii(ウクレレフェスティバル)は、Kapiolani Park(カピオラニ公園)で、毎年7月に4時間にわたって行われるウクレレの祭典です。

ウクレレフェスティバルはワイキキのカピオラニ公園音楽堂で毎年開催されるハワイの夏を代表する伝統イベントに成長しています。国際的認知度を持つ音楽祭としても定着し、世界最大のウクレレの祭典には、参加者、ゲスト、オーディエンスが世界各地から数千人規模で集います。フェスティバルの華でもあるウクレレオーケストラは、小さな子供たちをはじめとする800人を超えるウクレレスクールの生徒が出演、オーディエンスを魅了しています。
引用:http://www.ukulelefestivalhawaii.org/jp/

松下奈緒さんは、子供たちのウクレレ・オーケストラや、日本から5度目の出演となる、京都をベースに活躍されている「ウクレレ&ギターデュオ」fulare_pad(フラリー・パッド)のお二人の演奏を楽しみました。(fulare_padのFBページはこちら

ウクレレの魅力と音楽を通して、世界中の人々とともに愛と笑顔と夢を共有します。 それがウクレレフェスティバル・ハワイの理念です。

Ukulele Festival Hawaii(ウクレレフェスティバル)詳細

名称 ウクレレフェスティバル
英語表記 Ukulele Festival Hawaii
開催場所 ワイキキ・シェル(野外音楽堂)
開催日 毎年7月

ハレクラニ フレンチレストラン La Mer(ラメール)

La Mer(ラメール)
引用 ハレクラニ公式サイト

カピオラニ公園を後にし、ハレクラニへと帰ってきました。旅の最後の食事は、ハレクラニのフレンチレストラン「La Mer(ラ・メール)」です。

La Mer(ラ・メール)とは

La Mer(ラ・メール)は、ハレクラニ本館2F、サンデーブランチをいただいたOrchids(オーキッズ)の上の階にあります。

こちらのレストランはハレクラニが誇るファインダイニングで、フォーブス・トラベルガイドで最高の五つ星を受賞し、全米自動車協会によるレストラン格付けでは最高のファイブダイアモンドをハワイでもっとも長く獲得し続けているとのこと。

16名までのプライベートルーム、22名までのセミプライベートダイニングルームもあり、パーティ用メニューもあるそうです。

ハワイ・ワイキキのホテル【ハレクラニ】は、創業から1世紀を越えた今も「天国にふさわしい館」の輝きのままに不変のハレクラニ エレガンスでお客様をお迎えいたします。

La Mer(ラ・メール) 詳細

店名 ラ・メール
英語表記 La Mer
住所 2199 Kalia Road Honolulu, Hawaii 96815
TEL (808) 923-2311(ホテル代表)
営業時間 17:30~21:30(要予約)
休業日 無休(要確認)
ドレスコード 男性は、長袖、襟付きのシャツまたはジャケットを着用

まとめ

全5回にわけて「松下奈緒の行こうよ!ハワイ〜天国の館で極上フード&アートを極める〜」で紹介されていたお店・アクティビティをチェックしてきました。

アクテビティは、クルーザーフィッシングだけでしたが、その分アートに触れられたり、他のハワイ番組とは少し趣の違う番組だったように思います。

それでは今回はこのへんで・・・