ハワイに恋して「カカアコ アート散歩」で紹介されたお店をチェック

こんにちは、コージです。

先日、ハワイに恋して「カカアコ アート散歩」が放送されました。

今回のハワイに恋しては、オアフ島で今一番ホットでアートな街、カカアコの特集でした。

ということで、ハワイに恋して「カカアコ アート散歩」で紹介されたお店をチェックをお送りしたいと思います。

ハワイに恋して「カカアコ アート散歩」で紹介されたお店をチェック

Cooke Street(クック・ストリート)

Cooke Street(クック・ストリート)
引用 ourfoundry.com

まず最初に向かったのは、カカアコといえば「ウォールアート」ということで「Cooke Street(クック・ストリート)」へ。

Cooke Street(クック・ストリート)とは

Cooke Street(クック・ストリート)は、カカアコ地区の中でも多くの「ウォールアート」が見られる場所です。

2011年にカカアコ地区を、芸術的に美しくするために「POW! WOW! Hawaii」という、年に1度、1週間かけて巨大壁画を制作するアート・イベントがスタートし、地元はもちろんアメリカ本土や海外からもアーティストが来て、壁画を描いています。

次の年も残る壁画もありますが、1年で次の新しい壁画に変わるものもあるようです。

POW! WOW! Hawaii 2017」は、2月11日(土)~2月18日(土)に開催されます。期間中は、アーティストが壁画を描いていく様子などが見られるそうです。

A post shared by yuumin☻ (@sea808shell) on

A post shared by Art Liberator (@artliberator) on

また、東MAX・マコトちゃん・ティナの3人は、最新鋭カメラ「CASIO EX-FR100」を使って、自撮りの撮影を楽しみました。

CASIO EX-FR100」は、カメラ部とディスプレイ部が分離する独創的なコンパクトデジタルカメラ。超広角16mmのレンズの採用や、カメラ部が分離するので、自由なスタイルでの撮影が可能となり、独特な写真や動画が撮影できます。

Cooke Street(クック・ストリート)詳細

766 Pohukaina St, Honolulu, HI 96813

Jiwa Jiwa Press(ジワジワ・プレス)

Jiwa Jiwa Press(ジワジワ・プレス)
引用 Jiwa Jiwa Press website

続いて3人が向かったのは、Lana Lane Studios(ラナ・レーン・スタジオ)内にある「Jiwa Jiwa Press(ジワジワ・プレス)」です。

Jiwa Jiwa Press(ジワジワ・プレス)とは

Jiwa Jiwa Press(ジワジワ・プレス)は、ハワイで活躍する、印刷・塗装・染物などの様々なアーティストが拠点を置くアートスタジオ「Lana Lane Studios(ラナ・レーン・スタジオ)」に入っている活版印刷のお店です。

2009年にオレゴン州ポートランドで誕生し、数年前にカカアコに移ってきました。各種招待状や名刺、レターセットなどの文房具などを、昔ながらの活版印刷で印刷しています。

日本語の「じわじわ(ゆっくり)」という言葉が、自分たちの印刷のスタイルに合っているということからショップ名につけたそうです。

Jiwa Jiwa Press(ジワジワ・プレス)詳細

店名 ジワジワ・プレス
英語表記 Jiwa Jiwa Press
住所 327 Lana Ln, Honolulu, HI 96813
TEL (808) 345-9230
営業時間 9:00-17:00
オーダー・訪問の際は、HPからアポイントが必要
休業日 不定休(要確認)
327 Lana Ln, Honolulu, HI 96813

ARVO(アーヴォ)

ARVO(アーヴォ)
引用 ARVO facebook

続いては、夕食前に軽く飲みに、東MAXさんの紹介で、カカアコ地区の「ARVO(アーヴォ)」へ向かいます。

ARVO(アーヴォ)とは

ARVO(アーヴォ)は、カカアコに昨年オープンした複合施設「SALT(ソルト)」の一角にある、オーストラリアスタイルのカフェです。

ARVO」という店名は、オーストラリアの方言で「午後」という意味だそうです。メニューはドリンクやオープンサンド、デザートなどが楽しめます。

タレントのラサール石井さんのご親戚の姉妹と、オーストラリア出身の旦那様がお店をされています。

こちらのお店では、オーストラリアで生産されているイースト菌を原料としたペースト状の食品「ベジマイト」を使用した「ベジマイト・トースト($2.50)」や「スモークサーモン・トースト($7.00)」「抹茶チアシードプリン($8.00)」などを召し上がりました。

A post shared by ARVO (@a_r_v_o) on

A post shared by ARVO (@a_r_v_o) on

ARVO(アーヴォ)詳細

ARVO(アーヴォ)の詳細は、こちらをご覧ください。

PAIKO(パイコ)

PAIKO(パイコ)
引用 PAIKO facebook

続いては、ARVO(アーヴォ)の隣の「PAIKO(パイコ)」へ。

PAIKO(パイコ)とは

PAIKO(パイコ)は、ハワイの自然からインスピレーションを受けたボタニカルブティックです。エアプランツをはじめ、ハワイ原産のお花やサボテン、ローカルアーティストによる植木鉢などの観葉植物を主に取扱されてます。

エアプランツは、土が無くても育つ植物で、植物検疫の申請をすれば飛行機にも持ち込めるので、お土産として日本に持ち帰ることも可能です。

DIYコーナーでは、鉢($10~)エアープランツ(サボテンや観葉植物でもOK)カラーサンドやビーズ($4.50~)各種トッピング($1.50~)などを好みでチョイスして、オリジナルのプランターづくりができます。

A post shared by PAIKO (@paikohawaii) on

A post shared by PAIKO (@paikohawaii) on

A post shared by PAIKO (@paikohawaii) on

PAIKO(パイコ)詳細

PAIKO(パイコ)の詳細は、こちらをご覧ください。

以上、ハワイに恋して「カカアコ アート散歩」で紹介されたお店をチェックしてみました。

カカアコは、どんどん進化し続けている街なので、いつ行っても新鮮なのが良いですね。

思わずインスタにアップしたくなるスポットもたくさんあります。